2018年 06月 03日
南紀・熊野川水系小口川滝本本谷
今シーズンの沢登り・第1弾は、和歌山県の銘渓として名高い、滝本本谷へ行ってきました!
まずは、宝竜ノ滝の一ノ滝(35m)がお出迎え~♪

2018/4/10 遡行
e0178131_23464918.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX





宝竜ノ滝は、一ノ滝と二ノ滝と合わせて落差80mを誇り、和歌山県の名瀑なのであります。
その釜は美しく、いつまでも見ていたい気分になってしまいます(^^ゞ
e0178131_23464995.jpg


一ノ滝を越えるには、左岸の急傾斜の壁を木登りを交えつつ登ります。
 古いロープやハシゴの残骸が辛うじて残っていますが、全く使い物にはなりません。
e0178131_23542253.jpg
 

一ノ滝のスグ上には二ノ滝(45m)が待ち構えていました。 これも迫力のある滝でした。
e0178131_23465075.jpg


一ノ滝も二ノ滝も、滝も釜も似たような感じです(笑)
e0178131_23465056.jpg


二ノ滝の落ち口です。 飛び込んでみますか?
e0178131_23465023.jpg


コッペ滝と呼ばれる、ちょっと変わった名前の美しい斜滝。
e0178131_23465059.jpg


コッペ滝を越えて、上から振り返って見たショットです。
e0178131_23464957.jpg


ちょっとした連瀑帯となっています。 女性的な感じの優しいラインの滝が多い印象でした。
e0178131_23470491.jpg

しばらく行くと立派な取水堰堤! 人工物は興醒めですが、このデザインなら許せるかな(笑)
e0178131_23470450.jpg


e0178131_23470493.jpg


e0178131_00134035.jpg

南紀の沢では必ず現れる、サラサラと流れる美しいナメです。 
e0178131_00143200.jpg

e0178131_00143260.jpg

なにやらデッカイのが見えてきました・・・
e0178131_00143248.jpg


燈明滝(40m) 南紀によくある、お団子を積み重ねたような滝です。
e0178131_23470217.jpg


傾斜は緩いので、登って行けそうに見えました・・・登ってないけど。
e0178131_23470289.jpg


e0178131_23470214.jpg


白滝(17m) うーん、だんだん滝がショボくなってきました。
e0178131_23470292.jpg

でも美しい水のおかげで幸せな気分になれますね~
e0178131_23470344.jpg

ナメラゴの滝(12m) これはビミョーです。
e0178131_23470391.jpg

ナメラゴの滝の上には、延々とナメが続いていました。
e0178131_23470328.jpg

某・有名ガイド本では絶賛されている滝本本谷でしたが、予想通り期待外れでした。
同じ滝本の谷ならば、滝本北谷のほうが変化に富んでいて断然に美しいです。

南紀の谷を遡行したのは、今回の滝本本谷で5本目だったか。
ワンパターンな滝の形状や必ず出てくる長いナメなど、少なからず飽きてしまった感はあります(^^ゞ
もし今後 南紀に行くならば、真打ちというべき大渓谷・・・黒蔵谷に行ってみたいですね~♪


by alpinism2 | 2018-06-03 00:41 | 沢登り・クライミング | Trackback
トラックバックURL : https://honnmaka.exblog.jp/tb/27309694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 恒例のタケノコ掘り(2018年...      カエル大好き >>