2017年 09月 27日
大峰・滝川刈安谷
2017年の沢登り・第9弾! 大峰山脈・北山川水系 滝川刈安谷 を単独で遡行してきました!
刈安谷左岸に懸かる、超絶ベッピンで幻想的なローソク滝(25m) この滝の上はホホゴヤ谷となります。

※※※ PCでご覧になられる方へ・・・横写真はクリックで鮮明なオリジナル画質で見られます ※※※
e0178131_15121833.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX




刈安谷のスタートは、日本の滝100選である 笹の滝への遊歩道を少し歩いてから。 いきなり広がる白い沢床と青い水に感激!
e0178131_15162667.jpg
FUJI FINEPIX XP90



笹の滝(32m) 100選の滝なので有名らしいですが・・・この程度の滝なら沢登りをしていると、掃いて捨てるほど見かけますね(^^ゞ
e0178131_1521343.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



笹の滝を巻くには、左岸にある顕著なルンゼを滝の高さほど登ってから滝方向へのトラバース。
なるべく滝から離れずに小さく巻く。 沢慣れた人ならば特に問題の無いレベルの巻き。
e0178131_15252184.jpg
FUJI FINEPIX XP90




50mロープの懸垂下降1回で 落ち口の近くに不時着。
もっと大きく高巻いて、さらに上から懸垂下降をしている記録も見かけますが、いい感じにコンパクトに巻けました。
e0178131_15291342.jpg
FUJI FINEPIX XP90



笹の滝の落ち口から下流側を覗いて見ました。 右岸の壁が険しくてカッコイイ!!
e0178131_15225511.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



磨かれた美しい岩盤の間をゴウゴウと水が流れて行きます。 さぁ、始まり始まり~♪
e0178131_19332699.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



斜滝・・・いきなり登れません(笑) 今回は一人という事もあって、ほぼ巻き中心の遡行です!
e0178131_19394323.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



左岸の巻き途中から別の斜滝を俯瞰。 どこもかしこも岩盤が美しい谷です・・・。
2.3の滝を左岸巻きして沢床に戻ると、ちょうどそこが写真1枚目のローソク滝の基部でした。
e0178131_19421827.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



真夏なら絶対に飛び込んで泳いだはず! とにかく水が綺麗でうっとりデス。
e0178131_22144013.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



ここは右岸巻きだったかな。
e0178131_22165095.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



チムニー滝(18m)は少し手前から右岸巻き。 この巻きで赤茶けた壁をチョロチョロと流れ落ちる30mぐらいの滝を渡る。
e0178131_2219181.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



写真には写っていませんが、20cm以上あるアマゴがビュンビュン泳いでました。
e0178131_22244210.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



魅惑の連瀑帯・・・四ツ滝の始まり! 手前が1段目の15m。 奥には2段目と3段目も見えています。
e0178131_2228623.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



2段目と3段目、ともに8mぐらい? 1段目は右岸、2段目3段目は左岸巻き。
e0178131_22331210.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



最上段4段目の斜滝7m、左岸巻き。 ここは登れますね、たぶん・・・登ってませんが(笑)
e0178131_22354956.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



美しい滝と岩と釜の連続に見とれていると、ちっとも前に進めないという現実(^^ゞ
e0178131_22392832.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



青い水と赤い壁。
e0178131_22403416.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



この赤い岩は何なんでしょうか? 赤いのは表面だけか、違うのか、私には分かりません。
e0178131_22415873.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



左岸から大量の湧水が何本かの滝となって注ぎます。 当然、めっちゃ冷たいです!
e0178131_22443823.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



湧水帯の滝、ここは水を浴びて水線通しに突破。 振り返って撮ってみました。
e0178131_22455132.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



高い右岸の壁が迫って来て、谷は急に廊下状になってきました!
e0178131_2249104.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



ゴルジュ帯・・・これです、私の好きなのは! 壁に挟まれた暗い谷。萌えまくりデス(^^)
e0178131_2250289.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



しばらくは少し暗い感じが続きますが、水の青さのせいか清涼感はタップリですね~♪
e0178131_22561853.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



ゴルジュ帯を抜けると、高い嵓に囲まれた円形劇場のような広い空間に飛び出しました。
左が本谷に懸かる雌滝(18m) 右は奥八人谷に懸かる雄滝(20m) ここまで約5時間。
35mm版換算18mmの画角では、端から端までを撮れませんでした(^_^;)
e0178131_2336536.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



雌滝(18m) ちょっと水量が少ないみたいで?迫力にかけるかな。
e0178131_2310546.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX


こちらは奥八人谷に懸かる雄滝(20m) 2つ合わせて夫婦滝と呼ばれています。
e0178131_2313976.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



夫婦滝は、雌滝のスグ左側が登れました。 ご丁寧にもFIXロープが張ってありました。 少し登ってから、もう一度夫婦滝を。
e0178131_2318314.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



夫婦滝の上は、急に景色が変わって明るい癒しの風景が広がっていました。
e0178131_23221191.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX


しばらく歩いて、右岸にフェンス (宗教法人ほんみちさん の農園) が見えてきたところで、遡行は終了です。
農園の脇を抜けて小峠を越えて北上、滝川本谷側へ降りて行けばアッサリと下山できる・・・と思いましたが甘かった(笑)
修道場の敷地内で道が分からなくなって、ほんみちの方に下山路を案内して頂きました(^^ゞ


写真は下山途中の車道から見た、滝川本谷に懸かる不動滝(15m)です。 落ち口の上部の岩の造形が凄いデス!
e0178131_23332052.jpg
EOS 80D + Tokina AT-X 12-28 PRO DX



今回は直前になってパートナーが急用となり不参加、久しぶりに単独での遡行になりました。
5月に単独遡行した 台高・奥ノ平谷 に続いて、今までのベスト3に入る充実の遡行となりました。


by alpinism2 | 2017-09-27 00:22 | 沢登り・クライミング | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://honnmaka.exblog.jp/tb/26071857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gaku0107boo at 2017-10-01 22:29
こんばんわ!
単独ということは、一人ですよね。・・・凄!
御無事で御帰還、なによりよかったです。^^
わたくしのようにこういったところには行けない者に見せて頂いていることに感謝であります。

でも、くれぐれもご無理なさららないでくださいね。
Commented by alpinism2 at 2017-10-13 12:47
岳の父ちゃんサン、ありがとうございます。
毎回のようにお返事が遅くなってしまい、申し訳ございませんm(__)m

本当は二人で登るつもりだったのですが、パートナーが急な用事になりまして単独となりました(^^ゞ
一人の時は・・・特に絶対に失敗は許されないので、メッチャクチャ慎重に行動するように心がけています!
沢登りをしている関西人でも、ここは多くの人が訪れる場所ではないので、それを見て頂けるのが本当に嬉しいです♪
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 運動会2017 ~長男リョウ編      我が家のザリガニ >>