2016年 04月 17日
恒例のタケノコ掘り!
今年も行ってきました・・・タケノコ掘り!
e0178131_1453040.jpg




ユウは鍬を使って頑張ってましたよ(^^)
e0178131_14533567.jpg



いとこ同士で楽しいタケノコ掘りとなりました♪
e0178131_14543088.jpg
EOS 5D MarkIII + EF24-70mm F2.8L USM

by alpinism2 | 2016-04-17 14:55 | 子供 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://honnmaka.exblog.jp/tb/24309583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by susatan at 2016-04-17 16:25
わぁ 筍 大収穫祭!!
ユウちゃんの鍬使いは きっと私より上手な気がします(^^)/
みんなの笑顔がとっても素敵です!!
美味しい筍づくしを堪能の春ですね~♪
Commented by kaz-sampo at 2016-04-17 18:00
この量すごい!!
でも、湯がくのが大変そう(笑)
Commented by gaku0107boo at 2016-04-17 21:21
こんばんわ!
お~!筍がたくさん!
採れたてをワサビ醤油につけて刺身で食べると、これがまた美味いんですよね~。・・・オジサン的発想デシタ。(汗)
でも、この楽しそうな笑顔が一番ですよね。^^
Commented by グリンデル at 2016-04-18 05:49 x
思う存分、筍ほりができるなんていいですね。
毎年、羨ましく拝見しています。
最後のみなの笑顔、最高ですね。
Commented by hairpriori at 2016-04-18 10:38
イッパイ採れましたね
タケノコ
苦手な父子です^^”
Commented by natsunana at 2016-04-20 00:04
ずいぶん大きなタケノコ!!
いいね^^
我が家全員、タケノコ大好きやけど、そのままもらう事が多くて処理に毎回四苦八苦してる・・・^^;
Commented by dosanko-mama at 2016-04-20 11:14
すごい量&すごい大きさ!!
楽しそう~~そして、おいしそう~~~!!!
Commented by alpinism2 at 2016-04-29 00:15
susatanさん、コメントありがとうございます☆
子供にはスコップで掘らせているのですが、大人と同じようにしたいみたいですね(^_^;)
小さな体で鍬を振って頑張っていましたよ~
Commented by alpinism2 at 2016-04-29 00:17
いまいまさん、コメントありがとうございます!
今年はちょっと行くのが遅かった・・・大漁なんですが、ちょっと育ち過ぎの筍がありました。
我が家にはこの時期にしか使わない巨大な鍋があります(笑)
Commented by alpinism2 at 2016-04-29 00:19
岳の父ちゃんさん、コメントありがとうございます☆
刺身で食べるには、地面から顔を出した筍はNGらしいです(^^ゞ
もう少し早い時期に土の下にある若い筍を掘り出す必要があるようですねぇ!
Commented by alpinism2 at 2016-04-29 00:21
グリンデルさん、コメントありがとうございます☆
お子さん達、たしか大好きでしたよね~筍!
食べるのも美味しくって最高なんですが、ワイワイと掘るのが楽しいですね♪
Commented by alpinism2 at 2016-04-29 00:23
とーちゃん、コメントありがとうございます☆
あれま~筍は苦手でしたか(^^ゞ
自分たちで掘ったら、さらに美味しく感じますよ♪
Commented by alpinism2 at 2016-04-29 00:25
ゆうこりん、コメントありがとうございます☆
洛西のほう、長岡京とか筍の産地として有名だもんね~
皮を剥く作業で嫌になってるのかな(^_^;)
Commented by alpinism2 at 2016-04-29 00:27
dosanko-mamaさん、コメントありがとうございます☆
真剣に掘ったらまだまだ沢山ありますよ~
普段は使わない筋肉を使うので、翌日は筋肉痛になってます(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 大峰・上多古川上谷      桜の通り抜け @ 造幣局 >>