2015年 10月 01日
台高・蓮川宮ノ谷 ~高滝谷 編
一人でも気楽に登れるルートということで、台高山脈・蓮川宮ノ谷(三重県松阪市飯高町) に行ってきました! 今シーズン8本目です。
昭和50年の三重国体の山岳競技で整備されたルートで、谷沿いにはハシゴや階段があり、高滝までは容易に歩くことができます。
e0178131_21275556.jpg




せっかく美しい渓谷に来たのだから、時々は遊歩道から外れて水際を行きました。 渓流シューズですしね~。
e0178131_21285814.jpg



マイナーなハイキング道に、こんなに立派な鉄製の桟橋が何ヶ所もあるなんて素晴らしいです!
e0178131_21311446.jpg



蛇滝。 なんだか、パッとしない冴えない滝でした。 案内の看板もあったので、とりあえず撮ってみたけど(^^ゞ
e0178131_2132875.jpg



入渓時の気温は15℃。 暑くもなく寒くもなく動き回るには適温でした。 谷を吹く風は心地よく、気分は上々♪
e0178131_21375358.jpg
 


駐車場からノンビリと歩くこと50分で二俣に到着。 右俣へ入り約15分で高滝(60m) 存在感タップリの直瀑!
e0178131_21413286.jpg



滝の最下部は水が岩に当って砕けて、爆音が谷中に響き渡ります。 けっこうな迫力でした。
e0178131_21435782.jpg



高滝の巻き道から見た上部です。 緑のカーテンで遮られるけど、これはこれで美しい!
e0178131_2145465.jpg



高滝の巻き道は危険と聞いていましたが、拍子抜けするくらい簡単でした。 ハイカーには難しいという意味でしょう(^_^;)
その、高滝のスグ上にあるのが猫滝(15m) 落ち口の岩盤がVの字に浸食されているのが渋いっ!
e0178131_21472390.jpg



猫滝は滝よりも、その真ん丸で青々とした釜がメチャクチャ美しい! 真夏なら飛び込むこと間違いナシです(笑)
e0178131_2154679.jpg



猫滝を越えたあたりから、少しだけ踏み跡が不明瞭になりましたが、目印のテープ類も豊富で特に困りません。
鬱蒼とした広葉樹の原生林の中を行くと、高滝谷の最終目的地であるドッサリ滝(20m) に到着です!
e0178131_21575973.jpg



うーむ、ドッサリと水が落ちてきてますね! 近づくと飛沫が大量に跳んできてカメラは濡れまくり。 パッと出してパッと撮る(^^)
e0178131_2223543.jpg

今回は三脚を持って行ったのですが、結局ザックから出すことは有りませんでした。 どうも邪魔クサくって(笑)
風折滝のある風折谷にも行きたかったので、早々に谷を引き返し二俣に戻りました。 ・・・と言う訳で、後編に続きま~す♪

by alpinism2 | 2015-10-01 22:23 | 登山・クライミング | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://honnmaka.exblog.jp/tb/23731824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-10-02 00:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hairpriori at 2015-10-02 07:47
私は
無事に帰れる
自信がないです^^”
Commented by alpinism2 at 2015-10-04 21:36
鍵コメ@2015-10-02 00:15 さん、いつもありがとうございます!
ホントに私には何もできませんが、少しでも心が落ち着くと感じて頂けるならば幸いです(^^)
当分の間は、ぼちぼちユックリと、決して自分を責めずに・・・ですね!
Commented by alpinism2 at 2015-10-04 21:39
とーちゃん、いつもありがとうございます!
沢登りに慣れた人ならば特に問題はない易しいルートなんですがね(^^ゞ
一番怖いのは、軽い気持ちで背伸びをして行く高齢者ハイカーです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< センサー清掃      ダイサギ >>