2015年 07月 21日
飛瀑 ~台高山脈・絵馬小屋谷 石谷滝
台高山脈・櫛田川水系 蓮川絵馬小屋谷 (三重県松阪市飯高町) の中ほどにある、石谷滝15m。 
てっぺんにある引っ掛かったような大きな岩が凄い威圧感を放っていました。
e0178131_21444788.jpg
EOS 5D MarkIII + EF24-70mm F2.8L USM

by alpinism2 | 2015-07-21 21:48 | 自然風景・滝・紅葉・桜 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://honnmaka.exblog.jp/tb/23448603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hairpriori at 2015-07-22 08:22
マイナスイオン
たっぷりですね
Commented at 2015-07-22 09:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hikarigraphy at 2015-07-22 20:46
龍が昇っているような神秘的な情景に感動です^^
Commented by alpinism2 at 2015-07-23 20:21
とーちゃん、ありがとうございます!
沢登りでは毎回のようにマイナスイオンを浴びまくりです♪
いつも非常に贅沢な時間を過ごせております(^.^)
Commented by alpinism2 at 2015-07-23 20:37
鍵コメ@2015-07-22 09:22 さん、ありがとうございます!
どっちかと言うと沢登りで出合う滝は、美しいと言うより荒々しい感じのモノが多いです。
もっともっとモノクロを突き詰めて行くと世界が広がると思いますが・・・まだまだですね(^^ゞ

5D3のAFですが、精度と言う点では7D2より少し上ではないかと私も思っています。
ただ、動体撮影において、秒6コマと秒10コマの差はかなり大きいのかな~と思ったりもします。
連写中のファインダー像の安定感は7D2のほうが快適な気がします(^_^;)
6DのAFは、うーん、どうなんでしょう。中央以外はダメダメとも聞きますが。
フルサイズとなると・・・鍵コメさんの場合はロクヨンが必要になりますね!!
Commented by alpinism2 at 2015-07-23 20:41
hikarigraphyさん、ありがとうございます!
高さもなく水量も特に多くはない滝なのですが、ルンゼを捻じれながら落ちる姿はカッコよかったです。
言われてみれば、昇竜という言葉がピッタリと似合いそうです(^.^)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 定番のセミ捕り!      アホづら >>