2014年 08月 01日
台高・蓮川江馬小屋谷
今シーズン5本目の沢登りは、ちょっとグレードを上げて中上級者向きの江馬小屋谷 (三重県松阪市) に3人で行ってきましたよ♪
昔から名前だけは知っていたのですが、今回やっと台高山脈の名渓を遡行することが出来ました(^.^)

前夜は日付が変わってテン場の蓮ダムに到着。 ゴウゴウと音を立てて流れるような天の川が美しかったです・・・。
e0178131_2262419.jpg




4時間弱の浅い眠りの後、準備を整えていざ出陣! 入渓してしばらくで目の前に 『行合』 と呼ばれる特異な岩場がお出迎え。
切り立った壁の高さは約50mあるらしく、上部で今にも触れそうな位に近寄っています。 大自然の創造物ってスッゲー!!
e0178131_22113278.jpg


前回の 唐谷川 ほど美しい景色はなかったですが、それでも癒し系な景観は流石の台高山脈の谷なのです。
e0178131_22151257.jpg


右岸に観音滝20mを見た後しばらく行くと両側の壁が立ってきて、谷はゴルジュの様相になってきました。
e0178131_2220529.jpg


やってきました! 江馬小屋谷の最大の見せ場 『五所ヶ滝の大ゴルジュ』 の入口に到着です。
このゴルジュ帯は未だかつて誰も登ったことがないと言われている滝場です。 見えているのは最下段の6m滝。
淵を泳いで滝壺の下まで行き、滝の上を覗いてみたら・・・ツルツルに磨かれた岩のトンネルのようでした!
e0178131_22272767.jpg


五所ヶ滝ゴルジュは登れないので、一般的な左岸を巻き登ることにしました。 少し谷を戻って壁の切れたところからロープを張りました。
e0178131_223025100.jpg


あまり谷から離れるとゴルジュ帯が見えないので、なるべく滝に近いところを歩きます。
ここを見るのが一つの目的でしたので、じっくりと時間をかけて恐る恐る覗き込むように見物しました(^^ゞ
e0178131_22332052.jpg


長い年月をかけて浸食された谷は、特異な形状になっておりクネクネ曲っています。 うへ~!凄い形!こんなの初めて見た!
e0178131_22362712.jpg


五ヶ所滝のゴルジュを巻き終えて谷に戻ると、ウソのように平和で美しい風景が目の前に広がります♪
e0178131_22375532.jpg


いつまでも平和は続きません(笑) おそらく最大の難所であろう3段18m滝のお出ましです。
ここは左岸をすこし登った地点、わずかな階段状のヌメッた草付きの場所にラインを引きました。
e0178131_22412080.jpg


18m滝の右壁をリードするT尾クン。 彼は沢登りはまだ3回目なのですが、だんだんと要領を掴んできているようでした(^^)
e0178131_22441017.jpg


18m滝から歩くこと約30分、大きな岩が落ち口にかかった石谷滝15mです。 約1名、平泳ぎの練習中です(^^)
ここは少し手前の左岸枝谷を登り、適当なところで左へトラバース。 ドンピシャで滝の少し上に降り立ちました。
e0178131_2248678.jpg


さらに30分で最後の大滝、白倉滝30mに到着。 水量は少ないのですが、滝の上部がハングしているので水が宙を舞っていて美しい!
e0178131_22493157.jpg


漆黒の岩場に落ちる真っ白な水しぶき。 うーん、めっちゃ美しいのであります(^.^)
e0178131_22495040.jpg


天然のシャワーはホンマに気持ちよかったです♪ 
白倉滝のスグ下で二俣になっている左谷を少し登って、途中から右の斜面を滝の高さを考えつつ登り、これまたドンピシャで滝の落ち口に出ました。
e0178131_2250472.jpg


白倉滝の上に続くナメ滝40m。 沢靴のフリクションを効かせつつ快適に直上できました。
e0178131_2312615.jpg
16枚とも EOS 5D MarkⅢ + EF24-70mm F2.8L USM

このあとは水が切れるまで谷通しに歩き、虫にたかられ暑くて嫌になった頃に稜線に到着。 ちょっと見物しすぎたか・・・8時間かかりました。
下山は一般登山道なので楽勝かと思いきや、マイナー登山道ゆえ途中でコースを外したりしながら地形図と睨めっこ(+o+)
結局は12時間行動という充実の沢登りとなりました(^^ゞ 滑り込みで温泉に浸かり、大阪には日付が変わってから到着。


前記事 PC世代 には沢山イイネ!&Like を ありがとうございました!
昔はビデオすら無かった(笑) それが今ではHDD録画やら動画サイトやら、便利すぎで困ること全くナシ!
いやはや、ホンマにスゴイ時代になりましたよね~(^^ゞ どっちがいいのかは、あえて言いませんが・・・。

by alpinism2 | 2014-08-01 23:20 | 沢登り・クライミング | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://honnmaka.exblog.jp/tb/22253754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by f_u_u_k_a at 2014-08-01 23:54
写真だけ拝見すると、本当に癒されます~♪
天の川なんて、もう何十年(笑)も、見れてないし・・・
どのお写真も、本当に素敵な所ですね!
でも、読み進めると、かなり、いえ、超超ハード^^;
こんなに、超ハードな行程の後の、温泉は格別だったでしょうね!
Commented by グリンデル at 2014-08-02 00:04 x
いやぁ、素晴らしい。最高の沢登りになったことでしょう。
天の川の写真も凄すぎです。自分は目が悪いから全く見えないだろうなぁ(^^;;
Commented by ゆうこりん at 2014-08-02 07:37 x
すごい大迫力!!
こんな綺麗な景色見られて感動の繰り返しだったんだろうなあーー!
体力ないしこういうのとは縁遠い私ですら、いつか行ってみたくなる!!
まずは近所の山登りからとここ最近言いつつ、暑さを理由に行けてないグータラです^^;
滝ならいけそう、もちろん登るのではなく見に(笑)
Commented by hairpriori at 2014-08-02 07:38
私は3枚目が好きです
Commented by sakurashot at 2014-08-03 16:59
険しい道のりですが、その価値ある景色ですね。
3枚目の写真いいですね。
Commented by muramasa at 2014-08-03 17:57 x
天の川がすごいですねー。
星好きの私としてはこれがほんと羨ましい〜。
Commented by utautae at 2014-08-03 18:48
すっごい!
マイナスイオンがここまで届きましたーーーーっ!(笑)
Commented by hikarigraphy at 2014-08-03 20:11
こんばんは(^^♪
ここまで来ると素晴しい星空が見れますね!
今年こそは挑戦してみたいと本を買いましたが
やはり星撮りはハードルが高く未だ実行できてません^^;
Commented by niji-no-iro at 2014-08-03 20:44
1枚目の星空にうっとり。
美しいです・・・(^^)
満点の星空とは、こういうことを言うのですね〜。^^
Commented by kk5d2 at 2014-08-05 17:24
今回も素敵な作品ばかり~
堪能しましたよ~
涼しい気分になれました~
1枚目の星空の作品も素晴らしいですね
Commented by usa104 at 2014-08-05 18:35
こんばんは。
天の川きれいですね。。。
そして夏の涼をいただきました。。。(^_-)-☆
Commented by mizuki-39 at 2014-08-05 20:04
清涼感溢れるお写真、ありがとうございます。
今日も猛暑でしたが、、、
滝壺に入ってるお写真など、とっても涼しくなりました^^
Commented by kyvon at 2014-08-05 22:04
3枚目の光の入り方がとっても素敵!!
カメラと山登りの趣味、この二つの組み合わせ最高ですね^^
Commented by てっちぃ at 2014-08-06 07:21 x
やっぱり3枚目!人気ありますねぇ~~(^^)
光の差し込む感じが素晴らしいです♪
「冷っ」とした空気感すら伝わってくる感じ(勝手な妄想)^^
Commented by itohnori at 2014-08-06 09:11
alpinism2さん、お早うございます。
 涼しそうなお写真ですね。
と拝見している方はのんきなことを言っていられますが、登るとなると大変なのでしょうね。
暑さも涼しさも感じないで登ることに熱中しておられるのでしょうね。
Commented by Rupo at 2014-08-07 23:42 x
僕も3枚目好きだなぁー^^
色合いもきれいだし、光の入り具合がたまらんですー^^
Commented by FLEKTOGON35 at 2014-08-08 08:51
この暑い季節に、こういう風景は涼しげでいいですね〜
上流に行くと、エアコンとは違う自然の涼しさで、マイナスイオンもあるのか癒されますよね。
盆休みにでも軽い川登りでもしようかなぁ(^^)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< アサガオの種      PC世代 >>