2013年 05月 25日
僕は左利き!
どうやら長男リョウは完全に左利きですねぇ。 よーするに、私のDNAをそのまま引き継いだってことです・・・(笑)  
大量の写真を整理していて、使うのを忘れてた1枚を発見。 撮影は真冬の1月5日の写真で~す♪
e0178131_2163593.jpg
EOS 5D MarkⅢ + EF50mm F1.4 USM     F1.8 1/1000sec. ISO1600



前記事には沢山のコメント&イイネ!&Like を ありがとうございました!

by alpinism2 | 2013-05-25 21:09 | 子供 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://honnmaka.exblog.jp/tb/20550164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キボン at 2013-05-25 21:25 x
私は、箸と鉛筆以外全部左で足も左です。
箸と鉛筆は小さい頃親に右に直されたようです。
なので両手をそれなりに使えます(笑)
Commented by まーぶ at 2013-05-25 21:49 x
リョウくん左利きですか!
家の息子は未だにどっちか分かりません・・・
鉛筆やお箸は右ですがボールを投げるのは左なんですよね。
Commented by hairpriori at 2013-05-25 22:04
この1枚・・
いい描写でいい感じですね!
Commented by てっちぃ at 2013-05-25 22:27 x
うちの長男も左利きですよ^^
僕は右ですけど~
Commented by Baya at 2013-05-26 05:23 x
無いものねだりですが左利き憧れます。
芸術的センスいいっていいますからね~。
なんか、選ばれた者って感じしません?(笑)
Commented by muramasa at 2013-05-26 07:17 x
私もキボンさんと同じで箸と鉛筆以外は左です。
利き目も左だから写真撮るときに顔が隠れてしまいます。

光の当たり方がいいですね。
髪の毛が綺麗☆
Commented by papacamera at 2013-05-26 07:52
ウチは親類もみんな右利きなんですが妹だけ左利き。
以前、友人の家に遊びにいった親子4人全員左利きで、右利きは僕一人。
不思議な感覚でした。
Commented by niji-no-iro at 2013-05-26 11:26
真剣な表情がいいですね〜。
何を描いてるのかな〜?^^
Commented by akamaru-kyujosho1 at 2013-05-26 15:49
こんにちは!
サウスポーバンザイ☆\(^o^)/
元々左利きでしたが今は殆どの事は両方が使えます。
ですがヤッパリ筆や箸使いは左の方が早いし綺麗ですネ。
左利きなのに投げるのだけは右の方が優れてます!笑
ボクの場合は変り者ですから・・・(^m^)   ぽち!
Commented by miya at 2013-05-26 17:33 x
真剣な表情が素敵ですね~!
そしてまつ毛が長い!
女の子?男の子?って一瞬まよっちゃいました。
Commented by hartay at 2013-05-27 12:27
おおー、サウスポーですかー!
いいですねー。うちの次男も左利きですよ。
でも、箸とペンは右にさせました^^; 投げるのは左利きです^^;;
やっぱり遺伝するものなんでしょうね。自分も小さいころは左だったようです。
Commented by ゆうタロ at 2013-05-27 13:37 x
やはり生まれ持ったものってあるんですね~^^インテリ男子に見えますね!

学生の頃、左利きにあこがれてお箸の練習したけど全然だめでした^^;
Commented by kk5d2 at 2013-05-27 20:14
素敵ですね~
サウスポーかっこいい
Commented by kirafune at 2013-05-28 06:34
かわいい!!
やわらかそうな髪にあたる光線も素敵。
天使のお絵描き、永久保存版です。
Commented by usa104 at 2013-05-28 23:37
こんばんは。
さて何を真剣にやってるのでしょう・・・何の勉強かなぁ~
お父さんと同じサウスポーですか
やっぱりちょっとかっこいいよね。。。(*^_^*)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ユニバーサル・レインボー・サーカス      難しいけど面白い >>