2011年 10月 22日
思い出のヒマラヤ登山・12 ~下山開始・ゴーキョまで
10年前の2001年秋に行った、ヒマラヤの未踏峰・フンチ峰(標高7036m)への登山の回想録・12回目です。
前回の記事から2週間も空いてしまいましたが、残り僅かですのでお付き合いください(^^)

サラサラの雪質のせいで安全が確保できず、一箇所が越えられずに敗退を決意。 ひたすら後は降りるだけ。
写真はキャンプ3(標高約6500m)上部にある大雪田から仰ぎ見た、フンチ峰(7036m)の頂上(左のピーク)です。
e0178131_21201278.jpg


大雪田の縁から覗いた、登ってきた長い稜線方向です。 ベースキャンプは右上の青いレイクの畔です。
e0178131_21224879.jpg


キャンプ2(約6200m)からキャンプ1(約5950m)に戻るところです。 前を歩くのはSさん。
e0178131_21262726.jpg


ベースキャンプには登頂を断念した次の日、2001年10月12日には帰ってきました。
あんなに苦労して登った未踏の厳しかったルートも、下りは途中1泊であっけなく降りてこれました。
写真は、ずっと一緒に行動したシェルパ達と私(左から2番目)です。
e0178131_21304461.jpg


幅が約2kmあるという、ゴジュンバ氷河の横断を終えた地点。 大量の荷物を前にしばし休憩です。
e0178131_21332657.jpg


ここから先はゾッキョ(ヤクと水牛の混血)にも荷物を背負ってもらいます。 白いコンテナ1個で約30kgです。
e0178131_21345544.jpg


約1ヶ月ぶりに帰ってきた村、ゴーキョ(約4750m)です。 写真はお世話になったロッジのゴーキョ・リゾート。
e0178131_21392035.jpg
あと3回の掲載でこのシリーズは完結の予定です!


ブログ・ランキングに参加中! 1日1回クリックお願いします! にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

by alpinism2 | 2011-10-22 21:47 | 登山・クライミング | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://honnmaka.exblog.jp/tb/16099335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hairpriori at 2011-10-22 22:39
そうですね・・
登ったら降りないといけないですね
私の自転車も行ったらかえらないと・・・
(一緒にしてすみません・・)

ぽち!
Commented by まーぶ at 2011-10-22 23:17 x
絶壁ですね!
実際に歩いたら足がすくんで歩けなくなりそうです・・・
ゾッキョは力持ちなんですね。

ポチ!
Commented by pierre1228 at 2011-10-22 23:42
帰りの写真からも凄い場所だったのが分かりますね
山を登るものにとって、こういう高い山は憧れなんでしょうね
色々な人の助けがないと無理なんだなってのがよくわかるシリーズでした
最後まで楽しく拝見しますね♪
Commented by 岳の父ちゃん at 2011-10-23 00:02 x
こんばんわ!
すごい断崖、私、決して高所恐怖症というわけではないのですが、
恐いくらいの迫力ですね。
すごいお写真です。
Commented by junking21 at 2011-10-23 00:46
いよいよ下山ですね。しかし登りは頂上という目標があって頑張れるの
かなぁと思うんだけど、帰りの長い道のりは辛そうですねぇ・・・。
Commented by キボン at 2011-10-23 01:16 x
素人からみたら降りるにも一泊必要ってだけで恐れ入ります。
3枚目左右どちらも絶壁ですか?考えただけで怖いです・・・
Commented by tolliano_papan at 2011-10-23 06:17
おはようさんです^^;

ひゃ〜、なんども見てもすごいですね!感動デス!
荷物もすごい量なんですね、驚きました。

私の中学のワンゲル時代、
荷物が20kgだったことを思い出しました。
さすがに若かったなぁ^^;
Commented by muramasa at 2011-10-23 12:03 x
ゾッキョが大迫力ですねー。
30キロも抱えるなんてすごいなー。

先日は私のブログにコメントありがとうございました。
私はDA15mmとシグマ20mmF1.8持ってますが、私の場合、20mmの方が
スナップにも圧倒的に使いやすいです。
15mmはとにかく広くて、余計なものが入りすぎて苦労します。
あとは、F4だから、ファインダーが暗くて萎えるというのもあるかも^^;

私が京都に帰省したときにでも15mmを実際に試してもらったら感覚がわかるとは
思うんですけどねー(^^ゞ
Commented at 2011-10-23 17:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by itohnori at 2011-10-23 17:19
alpinismさん、こんにちは。
 目の眩む様な所を歩くのですね。
あと少しの所で引き返す決断は凄いですね。
でも、山ではそれが鉄則ですね。
お疲れ様でした。
近代的な作りのロッジは予想外でした。
Commented by sasa920 at 2011-10-23 20:07
こんばんは8^^ すごいw(゜o゜)w3枚目  
転げ落ちそうな、、、(><こわそ。。。。 しかし すごいですね、、素晴らしい山です。。
誰もが目指したくなりますね、、 
荷物のすごさも なんだか納得。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 謎のポーズ      素晴らしき脇役たち >>