2011年 10月 09日
思い出のヒマラヤ登山・10 ~C2からC3まで・後編
10年前の2001年秋に行った、ヒマラヤの未踏峰・フンチ峰(7036m)への登山の回想録・10回目です。
10月10日の、標高約6200mのC2(キャンプ2)からC3(キャンプ3)への登高の後編です。

C2からかなり登ったところから振り返って撮影。 C2に張った黄色いテントが見えますでしょうか?
e0178131_223767.jpg


空気は平地の半分以下の薄さのため、高所順応をしていても体は重く想像以上にキツイ登りが続きました。
C3の設営予定地は、画面上のほう、平らな台地の上でした。 目指す頂上は左上に近づいてきました。
e0178131_2264158.jpg


ビデオの撮影担当だったので休憩を兼ねて撮りながら登るのですが、立ち止まると再び動く気が失せました(+o+)
高所登山が初めての私にとっては、とにかくツライ! 唯一の慰めは、箱庭のように見える絶景なのでした♪
e0178131_22101769.jpg


C3の予定地点は広い雪原だったのですが、強風が吹き荒れるため断念。 台地の下にテントを張りました。
標高は約6500m。 ここには人数も減って、Sさんと私+クライミング・シェルパ2人の計4人で登って来ました。
e0178131_22141123.jpg


テントを向こうに見えるなだらかな山は、世界第6位の高峰、チョー・オユー(8201m)です。
e0178131_22165792.jpg
次回は明日の掲載となります。 ついに念願の頂上アタックの日です!!


『思い出のヒマラヤ登山・1 ~ネパール・カトマンズにて』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・2 ~ナムチェまでの道のり』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・3 ~ナムチェ・バザールにて』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・4 ~ゴーキョにて』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・5 ~ベース・キャンプの設営』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・6 ~BCとABC』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・7 ~C1(キャンプ1)までの道のり』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・8 ~C1からC2まで』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・9 ~C2からC3まで・前編』は→コチラ



ブログ・ランキングに参加中! 子供写真とは程遠いですが、クリックお願いします(^^ゞ にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

by alpinism2 | 2011-10-09 22:30 | 登山・クライミング | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://honnmaka.exblog.jp/tb/15813007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hairpriori at 2011-10-09 23:03
ふと思ったんですが・・
-何度でも一眼って動くんでしょうか・・
見てるだけで十分な光景です(汗)

ぽち!
Commented by まーぶ at 2011-10-09 23:31 x
どう見てもこの尖がった尾根を歩くのは無理そうなんですが・・・
歩けるものなんですね!
ホント何時見ても素敵な風景です。

ポチ!
Commented by キボン at 2011-10-09 23:47 x
空気が半分・・・考えただけでも苦しい・・・
こういった所でのテントの中でのすごし方が気になります。
やはり体を休めることが第一なんですかね?
Commented by あね☆もね at 2011-10-10 07:16 x
今、いつもしてる呼吸を半分くらいにしてみました。
って、苦しいーー!!(←何してるんだかw)
僕はPCしてるだけですが、登っているんですもんね。
苦しいんだろうなー、きっと。

わー、なんかドキドキしてきました。
いよいよ頂上アタックなんですね。
Commented by yuto_juri_papa at 2011-10-10 07:37 x
頂上アタックの記事、楽しみにしております!
Commented by *hana* at 2011-10-10 08:25 x
おはようございます。
読みながら、何故か息苦しくなった気がしてます(笑)
空気が半分なんて・・・
この鋭い尾根を行くなんて・・・
すごすぎます。そして鳥肌が立ちます!
いよいよ頂上アタックなんですね!
ドキドキします。
Commented by happy-spice at 2011-10-10 16:31
驚愕の光景ですね!
オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!
そこに人がいる。そう思うと震えが来ます。。
恐ろしさの震えとその地に自分も立ってみたい、
そんな両方の震えがくるから不思議なものです。

羨ましぃ~
Commented by pierre1228 at 2011-10-10 18:23
どこに平らな大地が・・・・
やはり山は牙を剥きますね
こういう高所で自分を保つのも大変ですよね
いかに順応しようとしても、疲れが加わりますからね
しかし雄大で魅力的な光景です
Commented by thallo at 2011-10-10 18:35
おはよう。
すごい、今日も素晴らしい絶景を見せていただいたわ。それにかなりお天気良いというか日が照ってる。。影がはっきりでているものね。それだけに日陰に入ったときは、かなり寒かったんじゃないかな。
こんな険しい山、それも雪山を登ってきたなんて本当に感動します。
Commented by hahanoyasumijikan at 2011-10-10 19:31
こんな場所にテントを張れる場所があるなんて…
夜中に動かないかが異様に心配になってしまいました(笑)
本当に何度見ても絶景!そして自然の脅威も美しさも
全部ひっくるめて、何て魅力的な風景だろうと思います。
Commented by Focus_Lock at 2011-10-10 19:48
こんばんは(^^♪
映画を見ているよりも臨場感が伝わってきますねー
カメラを構えているときも大変でしょうが
登攀の辛さは想像以上のものがあるのでしょうね。
Commented by junking21 at 2011-10-10 21:31
ついに頂上アタックですね!
それにしてもすご過ぎる・・・・!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 思い出のヒマラヤ登山・11 ~...      昔は私も書きましたねぇ >>