2011年 10月 05日
思い出のヒマラヤ登山・9 ~C2からC3まで・前編
10年前の2001年秋に行った、ヒマラヤ7000m峰の登山の回想録の9回目です。
9/3から連載し始めたこのシリーズはもう9回目。 なるべく10年前の日付に近い写真を載せています。

C2(標高約6200m)ではC3へのルート工作をしつつ2泊の滞在。 その後10/10にC3に向けて出発です!

C2のテント場から見たC3への稜線です。 これまで以上に傾斜が増し、複雑な雪稜なのが分かります。
e0178131_21361352.jpg


少し登ってから見た、C2です。 広くて快適な雪原でした。
e0178131_21374930.jpg


C2では体調不良で一人が下山して、日本人隊員は私とSさんの2人となりました。
e0178131_21403875.jpg


私です(^^ゞ 後ろのギザギザの稜線をC1から登ってきたわけです。
e0178131_21422679.jpg


幸いにも風は無く、青空の下を登る事が出来ました。 空の色は青よりずっと濃い紺色をしています。
e0178131_21445724.jpg


複雑な形をした雪と氷の中を少しでも登りやすいルートを求めて、ひたすら上を目指す!
e0178131_21465425.jpg
次回もC3までの写真の予定です。 その次に頂上アタックの様子をお伝えする予定です(^^)


『思い出のヒマラヤ登山・1 ~ネパール・カトマンズにて』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・2 ~ナムチェまでの道のり』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・3 ~ナムチェ・バザールにて』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・4 ~ゴーキョにて』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・5 ~ベース・キャンプの設営』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・6 ~BCとABC』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・7 ~C1(キャンプ1)までの道のり』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・8 ~C1からC2まで』は→コチラ


ブログ・ランキングに参加中! 1日1回クリックお願いします! にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

by alpinism2 | 2011-10-05 21:56 | 登山・クライミング | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://honnmaka.exblog.jp/tb/15749070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuto_juri_papa at 2011-10-05 22:15 x
写真から当時の壮絶さが伝わってきます。

カッコイイなぁ。

Commented by pierre1228 at 2011-10-05 22:19
佳境に入って強烈な場所になってきましたね
山の稜線が細いし慎重に歩かないと危なそうですね
高度に体を慣らすんでしょうが大変そうですね
Commented by mariko at 2011-10-05 22:36 x
凄い所にテントを貼ってるし、ハイクしている所がギザギザ過ぎて
alpinism2さん本当に凄いですね!!!
頂上アタックが楽しみです。
フィルムカメラでこんなにも美しく山脈を撮られるのも凄いですね!
Commented by まーぶ at 2011-10-05 22:45 x
何回見ても素晴らしい風景ですね。
青い空に真っ白な雪がとても綺麗ですよね。
自分には一生見られないであろう風景です(笑)

ポチ!
Commented by nagomuyoshi at 2011-10-05 22:48
こういう景色にいることによる
不安などはないんでしょうかね。
ワタシは見るだけで
不安になります。よ・・・^^;

Commented by plumerian-m at 2011-10-05 22:48
すっごいです。

よくこんなところを登れるな~ってソンケーのまなざしです^^

P!
Commented by thallo at 2011-10-06 02:32
おっ、リョウ君の後に、お兄さん、またヒマラヤがやってきましたね。
何度見ても感動する!こんな急な所、しかも危険と背中合わせの所に本当に入ってきたなんて今思い出しても自分で感動するんじゃんないかな。
一緒に登った友人は、運命共同体で、いつまでも忘れられないお友達なんでしょうね。
Commented by キボン at 2011-10-06 06:13 x
スゴイところ歩いてますね!
滑らないか・・・雪が崩れないか・・・なんか色々考えちゃいそうです^^;
ほんとですね空が紺色。
Commented by あね☆もね at 2011-10-06 07:15 x
なんか見ているだけでドッキドキなんですけど。
ここでこうやって昔を振り返っているわけですから、
無事生還されたことは分かっているのですが。
なぜか写真の中のalpinismさんを応援しちゃってます(笑)
ポチ★
Commented by muramasa at 2011-10-06 07:32 x
うはー、このC3ってところを登ったんですか?!?!
人がのぼれるところじゃない気がするくらいすごい傾斜!
青空もすごい綺麗ですねー。
これだけ日差しが強いとサングラスないとやばそうですね。
Commented by hairpriori at 2011-10-06 07:40
スタローンの「クリフハンガー」思い出しました・・

ぽち!
Commented by hahanoyasumijikan at 2011-10-06 12:08
あんな壁みたいな所を!?
壮絶すぎて想像も出来ない位の場所ですねーーー!!!
深い青の空、真っ白で険しい雪山
これは10年前でも一生忘れられない景色ですね!!!
Commented by itohnori at 2011-10-06 13:26
alpinismさん、こんにちは。
 一の倉沢を下から見上げた時、こんな所を登るのはスーパーマンかと思いましたが、
エベレストを登る人はスーパーマン中のスーパーマンですね。
空が本当に紺色なんですね。
綺麗なんでしょうね。
Commented by niji-no-iro at 2011-10-06 14:50
うっわ~~。すごい!
想像できない世界です(^^;)
Commented by smj-gnrl at 2011-10-06 17:36
撮影してみたいと思いつつ、そこに行けていること自体が凄いです…。
Commented by *hana* at 2011-10-06 20:55 x
こんばんは。
うわーこんなところを登ったんですね!
空の青も見たことがないくらい青くて紺色のようで
雪にもその青さが写って、壮絶な場所だからこそ、
すごく美しく荘厳に見えます!
人生観が変わりそう!
Commented by Focus_Lock at 2011-10-06 21:29
こんばんは(^^♪
C3まで来ると迫力ありますね~
写真を見ていると身体がブルッと震えました^^
晴天に恵まれてよかったですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< チョ~短い前髪です      ジャングルジム! >>