2011年 09月 22日
思い出のヒマラヤ登山・6 ~BCとABC
2001年に行ったヒマラヤ登山の回想録の6回目です。

BC(ベース・キャンプ)付近から見たフンチ峰(7036m) 
決定した登攀ルートは南西稜。 右側の黒い岩場に向かって登ってから稜線伝いにピークを目指します。
e0178131_22404934.jpg


大きなレイクのそばにBCを設営したのですが、そこから山に取り付くにはまだ遠いのです。
そこで、山裾のすぐ近くにABC(アドバンスト・ベース・キャンプ)を設けました。 標高は約5200m。
e0178131_22345644.jpg


BCからABCに向かう途中、ゴジュンバ氷河の縁から見たギャチュンカン(7952m)
e0178131_22391654.jpg


ギャチュンカンの初登頂時(1964年・長野県山岳連盟)に滑落事故で亡くなった隊員の慰霊碑を見つけました。
e0178131_22434949.jpg


見れば見るほど険しくてオトコマエな面構えのギャチュンカンに見せられた私。
BCからABCの荷揚げの帰りにサボって、セルフタイマーで撮った一枚です(^^ゞ
e0178131_22461762.jpg


5200mに咲く美しい高山植物。 名前は・・・分かりません(+o+)
e0178131_22473822.jpg

次回はABCからC1(キャンプ1)までの写真の予定です♪

『思い出のヒマラヤ登山・1 ~ネパール・カトマンズにて』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・2 ~ナムチェまでの道のり』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・3 ~ナムチェ・バザールにて』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・4 ~ゴーキョにて』は→コチラ
『思い出のヒマラヤ登山・5 ~ベース・キャンプの設営』は→コチラ


ブログ・ランキングに参加中! 1日1回クリックお願いします! にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

by alpinism2 | 2011-09-22 23:00 | 登山・クライミング | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://honnmaka.exblog.jp/tb/15545012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まーぶ at 2011-09-22 23:08 x
雄大な風景が素晴らしいですね。
サボっての自分撮りは自分もやってしまいそうです(笑)
こんな過酷な場所でも植物はちゃんと生息してるんですね!

ポチ!
Commented by mariko at 2011-09-22 23:12 x
山登りに少し興味があったのですが、お写真を拝見しているだけで腰が抜けそうになりました。
氷山をとても美しく撮られていて魅せられっぱなしの今回のシリーズ!
本当に楽しく拝見させてもらっています。
最後の高山植物は光り輝いているようにも見えてきれいですね!
Commented by takusachihiro at 2011-09-23 00:28
凄い!
過酷なチャレンジの様相が伝わってきます。
何をも寄せ付けない大自然の迫力が美しい!
Commented by shibazo-a7 at 2011-09-23 00:31
うわあ、これはもう、絶景過ぎて言葉が出ませんね。
思わずポージングしたくなる気持ちもわかります。
たぶん、ぼくも同じことをします(・∀・)ニヤ
Commented by キボン at 2011-09-23 01:02 x
写真で見ても「おお!」と言うような風景。
実際その場で見るともっとすごいんでしょうね!!
思わず横にいた嫁を呼んで見せちゃいました(笑)
次回、楽しみにしてます!!
Commented by hairpriori at 2011-09-23 07:41
命がけですね・・
マジで!

ぽち!
Commented by pierre1228 at 2011-09-23 08:25
険しい中に精悍な感じがありますね
こうやって人々は山に惹かれていくんでしょうね

セルフタイマーの1枚
これは宝物ですね
Commented by muramasa at 2011-09-23 08:41 x
青空と雪山の色合いがすごくいいですねー。
つい見入ってしまいます。

セルフタイマー写真、かっこいいですね。
私もこういうのを撮るべく色々練習してるんですが、
まだまだ上手くいきません^^;
Commented by sasa920 at 2011-09-23 11:30
待ってました、、青空に 美しく厳しくそそりたつ山、、、、山の高さが半端じゃないほど
すごすぎですね。

セルフタイマーの一枚いいですね、、山男の背中です♪すでに雪焼けされてますよね。。

次回も楽しみにしてます(^。^)v
Commented by niji-no-iro at 2011-09-23 14:48
わ~~。
こんな険しいところにも、可愛い花が。
途中でこういうの見つけると、ホッと和むでしょうね(^^)
Commented by itohnori at 2011-09-23 15:37
alpinismさん、こんにちは。
 雪山を見るとわくわくして来ますが、実際には体力的に無理。
何とか楽してこの様な雄大な風景をみる方法はないのかなといつも思います。
Commented by てっちぃ at 2011-09-23 21:44 x
よくこの状況下でセルフが出来るものですね(唖然!)
毎回~毎回、脱帽してしまいます。
またまた・・・素朴な疑問を書き込みます(笑)
この高さと寒さの中で、カメラは正常に機能し続けるのでしょうか^^??
ポチッ♪
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< いい感じです♪      ハルの水筒は1リットル! >>