2011年 09月 09日
思い出のヒマラヤ登山・2 ~ナムチェまでの道のり
私が2001年に行ったヒマラヤ登山の回想録の2回目です。

目的の山(また詳しく記事にします・・・)のベース・キャンプ設営地点までトレッキングの開始です。

カトマンズで登山の準備や手続きを終えて、9/6朝に空路でルクラ(標高2840m)に向かいました。
カトマンズからルクラへは小さなプロペラ機で約30分の旅。 浮かない顔の男は私です(^^ゞ
e0178131_21325751.jpg


ルクラからは高度順化を兼ねてユックリと歩くハイキングが何日か続きます。
これは『マニ石』という、チベット仏教のお経が刻まれた岩です。 必ず左側を通らなければなりません。
e0178131_21381297.jpg


のどかな風景が広がっていますね~。 建物は全て石造りの平屋です。
e0178131_21402354.jpg


ルクラから約3時間でパクディン(標高2610m)に到着。 この日は『TASHI TAKI』という宿で泊まる。
e0178131_2143669.jpg


9/7。 7時にパクディンを出発。 長い吊り橋を渡り、のどかな風景を眺めながらユックリと歩くのです。
e0178131_21525751.jpg


大きな荷を背負っているのは私達の登山隊(4人)の荷物を運んでくれるポーター達です。
e0178131_21535730.jpg


9時にモンジョ着。 サガルマータ国立公園に入るための検問所を通過します。 銃を持った兵士は終始笑顔(^^)
e0178131_21501723.jpg


こんなに高くて長い吊り橋もありました♪
e0178131_21541385.jpg


パクディンから5時間半ユックリと歩いてナムチェ(標高3440m)に到着。 この辺りでは最大の村です。
e0178131_21574714.jpg


9/6 カトマンズ~ルクラ~パクディン。
9/7 パクディン~ナムチェ。
9/10までは登山装備の補充やパッキング、高度順化のためにナムチェに滞在。


『思い出のヒマラヤ登山・1 ~ネパール・カトマンズにて』は→コチラ。 次回はナムチェでの様子を掲載予定です。



日本赤十字社・義援金の案内ページはこちらから。

ブログ・ランキングに参加中! 1日1回クリックお願いします! にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

by alpinism2 | 2011-09-09 22:08 | 登山・クライミング | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://honnmaka.exblog.jp/tb/15405359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by てっちぃ at 2011-09-09 22:29 x
新婚旅行と高校の頃に一度だけ・・・国境を越えたのみの私には
異次元の世界ですが、この様な経験をされているのを羨ましくも感じます^^
Commented by mariko at 2011-09-09 23:01 x
凄過ぎます!私はたぶん、吊り橋は足がすくみそうです。
宗教一つにしても色んな知識が登山には必要なんですね!
ポーターの方々の仕事も重労働ですごいですね。
次回も楽しみです(^^)
Commented by まーぶ at 2011-09-09 23:05 x
凄い所ですね。!
変な模様を描いてるなって思ったら・・・
石にチベット仏教を書いてあるんですね。

ポチ!
Commented by hairpriori at 2011-09-09 23:18
こういう場所に自分を置くと人生観が変わったりしそうですね・・
日本とか自分のちっぽけな事に気付いたり・・

ぽち!
Commented by rollei33 at 2011-09-09 23:18
よっ!冒険家!!!

確かに浮かない顔ですが(笑)ダンディズムは漂う。

Commented by おったん at 2011-09-10 00:28 x
おとーしゃん若い!
それにしてもすごい景色!
画面に吸い込まれたい!
Commented by takusachihiro at 2011-09-10 00:55
マニ石、ご利益ありそうですね~。
秘境の旅とは、まさにこのことなんですね。
飾り気のない風景に迫力を感じます。
Commented by シンペ at 2011-09-10 01:10 x
武装軍人がいるのはなんでだろ
しかし憧れるなあ 登山家のメンタリティ
Commented by itohnori at 2011-09-10 16:36
alpinismさん、こんにちは。
 こんな素敵な登山が出来るなんていろいろな意味で羨ましいです。
この様な冒険に近い登山は男のロマンなんですよね。
でも、凡人にはヒマラヤへ登るなんてスーパーマンと思います。
ヒマラヤ征服したのか…続きが楽しみです。
Commented by のぎり at 2011-09-10 18:47 x
こんにちは^^
ヒマラヤ登山ですか・・・!!!しかも7000メートルってすごいですね・・・!!!
山奥の光景、独特の雰囲気があって素敵だなぁと見入ってしまいました。
長いつり橋、高所恐怖症の私は絶対に渡れそうにないです。(笑)
本格的に登山はしたことないんですが、山の魅力が、お写真の随所から感じられます!!^^
Commented by muramasa at 2011-09-10 20:13 x
ただただ、景色に圧倒されますね。
フィルムのちょっと色あせた感じも時代を感じさせていい感じです。

リンクありがとうございました!
こちらも貼らせていただきました。
今後ともよろしくお願いします^^
Commented by pierre1228 at 2011-09-10 20:21
始まりましたね
しかし本当に長いつり橋ですね
これだけでも恐怖です(汗)

続きが楽しみ♪楽しみ♪
Commented by sakurashot at 2011-09-10 21:38
すごく険しい山道!
吊り橋が怖そうですね〜
銃を持った兵士ってのがまたリアルですね。。。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 悪ガキって感じでしょ(^^ゞ      トンボを取り合いするのは止めましょう >>